高速起動Linux® / Android™ BSP

組込み機器の起動時間を最大限短縮

フォームに「高速起動カタログ希望」とご記載ください

組込み機器において、LinuxやAndroidといった汎用OSの採用が増加していますが、起動時間がかかるという課題があります。特に車載機器(IVI、カーナビゲーション等)や監視カメラなど、常時電源ON状態ではない機器は、電源が入った瞬間に速やかに起動することが求められています
例えば、車載のリアビューカメラは、法規制で定められた起動時間をクリアする必要があり(KT法:リアビューカメラの表示は2秒以内)、起動時間の短縮は必要不可欠です。
当社BSPは、カーネルローダー方式を推奨しております。対象機器に応じた最適な性能を引き出すためのソリューションをご提案します。

対象機器(例)


カーナビゲーション

ディスプレイ
オーディオ

監視カメラ

デジタルカメラ

ドライバーモニター

ドライブレコーダー

タブレット端末

IoT機器

私たちのお役立ち


●高速起動ライブラリの提供
   - 起動時間の法規制に対応
   - ハードウェア制約を考慮した、複数の起動方式に対応可能
     Linux®起動:2秒以下 /Android™起動:10秒以下

電源ONから Android™ Home表示までの起動時間イメージ

Androidのカーネルローダー方式の起動時間イメージ

スペック


対応表
対応OS:Linux(debian、Ubuntu等 Kernel Ver.3以降)、Android(Ver.9以降)
対応SoC:ARM社CortexシリーズCPUCore搭載の各社SoC(Telechips,
NXP,Renesas,Mediatek,Amballera等)

※ BSP(Board Support Package)は、特定のハードウェア プラットホーム上でOSを実行できる
 ようにするソフトウェアパッケージを意味します。

フォームに「高速起動カタログ希望」とご記載ください