2017年 入社
2017年 入社

自分と関わりを持った人たちに対して、
成長に繋がるコト、ヒントのようなモノを
与え続けることができたら幸せです

2017年 キャリア入社
工学研究科 電気・情報系専攻  修了

今の仕事


部屋や通路を自走するロボットを目的の位置に移動させるために、取り付けたセンサ情報から現在のロボット自身の位置を推定し、次に進むべき方向を制御するソフトを開発しています。

転職の動機・決め手


これまでハードもソフトもいろいろ経験してきた中で、今後はソフト開発に軸足を置いてやっていきたいと思っていた時に、この会社の説明を聞き、自分が思い描くソフト開発に集中出来て、かつ、最先端の技術に触れられそうだと思ったからです。

実際に入社しての感想


期待したとおりにとにかくソフト開発にどっぷり集中できることと、
いろいろなお客様と接する中でさまざまな技術に触れることができ、自分を高められているなと実感するので決断は間違ってなかったと思っています。

会社で得たこと


ホントいろいろあるのですが、分かりやすいことを挙げれば
・ソフト開発技術(アプリ部分~ドライバ層まで幅広く)
・メカトロなどの制御技術(ロボット制御、センサ制御)
・設計品質技術(トラブルを起こさないための開発手法)
ですね。

自分が感じる「自信がついたこと」


仕事についていろいろなことが体系だって理解できるようになりました。お客様や上司、あるいは指導している後輩に何かを伝えるときに、「この人はここはわかっていて、ここはあまり知らないだろうから、この順番でここを重点的に説明しよう」ということを組み立てることができ、相手の反応を見るとまたそれがだいたい正解だなと思うことが増え、自信に繋がっています。

1番嬉しかったこと


あるプロジェクトに半年ぐらい応援で入った時のことですが、予定通りのタイミングで自分が抜けることになったときに、プロジェクトのお客様から、私に対して非常に熱心に「何とか残ってもらって引き続きお願いできないか」と引き止められたこと。個人として高く評価されたと、素直にうれしかったです。

仕事を通じて実現したいこと、夢


自分自身の成長はもちろんですが、私と関わりを持った人たち、後輩や上司お客様など全ての人たちが私とのコミュニケーションを通じて、何かひとつでも気付きを得て、そこから成長に繋がるコト、ヒントのようなモノを与えることが出来たら幸せだと思います。


車載開発を通じて、安心・安全な車社会の実現に向けて貢献していきたい

2017年 キャリア入社
理工学部 数学科 修了

今の仕事


車載の全方位カメラシステムのソフトウエア開発をしています。車体の前後左右に設置された4つのカメラにより、死角となりやすい周囲の状況を俯瞰映像で確認できるシステムです。私はその中で4つのカメラの映像のつなぎ目のズレを補正する「キャリブレーション」という機能を担当しています。チーム開発になりますので、周りとのコミュニケーションが大切になる仕事です。

転職の動機・決め手


車載/産業/民生分野と幅広い製品開発をしていて、ハードとソフト両方のエンジニアがいるので、様々な経験と知識が得られると思い入社しました。加えて毎年、社内で技術フォーラムが開催されており、エンジニア同士が活発に交流出来ることもとても魅力に感じました。

実際に入社しての感想


とにかく職場の雰囲気が良いことです。初めての転職でしたので、うまく人間関係を築くことが出来るか正直不安でしたが、周りの上司・同僚は親切な方ばかりで、すぐに職場に溶け込むことが出来ました。

会社で得た知識・技術


最近受けた中堅社員向けの研修で、課題形成力が身に付きました。研修では普段より視野を広げ、課題の抽出から解決に向けた取り組みまでを実施しました。また会社の研修体系は充実していて階層別の研修や専門能力研修等、技術スキルだけでなく、ヒューマンスキルも習得することが出来ます。

自分が感じる「自信がついたこと」


新しいことに挑戦することに自信が持てるようになったこと。入社してから様々なプロジェクトを担当し、はじめは知らない技術で不安ながらも先輩や周囲に教わりながら、技術を習得していきました。その積み重ねで自分の成長を実感でき、また仕事へのモチベーションUPに繋がります。今後もいろいろなプロジェクトを通じ様々な技術を身に付け、自己成長に繋げていきたいです。

一番嬉しかったこと


システムの要求性能が満たせない非常に高い課題に直面した時に、周りと協力しながら、約2ヵ月対策を考え、試行錯誤を続け最終的に課題を解決したことです。苦労した結果、目標を達成することが出来て、それをお客様や上司から労いの言葉をかけていただけた時が一番嬉しくエンジニアとしての喜びを実感しました。

仕事を通じて実現したいこと・夢


高齢化に伴って、交通事故の削減や高齢者の移動手段の確保が問題視されるなかで、自動車業界では、自動運転やMaaS(Mobility as a Service)などに期待が高まっています。私も車載開発を通じて、安心・安全な車社会の実現に向けて、貢献していきたいと考えています。