眠気センシングライブラリ

眠気を5段階検知。居眠り運転を防止!

現在、交通事故発生原因で多いのが居眠り運転や漫然運転であると言われており※1、自動車や鉄道などの運輸業をはじめ、さまざまな業種で非常に大きな課題となっております。
我々の眠気センシング技術は、カメラ映像のドライバーの瞬きや表情から、眠気を5段階で推定することが可能です。無自覚な浅い眠りを検知することにより、眠くなる前に覚醒を促し、より早い段階で居眠り運転を未然に防ぐことができます。
この技術は、光学センサーを用いたドライバーモニタ装置などに活用することができ、居眠り運転対策となります。

※1警察庁交通局「平成29年上半期における交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況について」より

私たちのお役立ち


●眠気センシングライブラリの提供。

眠気センシングシステムの構成例、ドライバーモニタに組み込み
居眠り運転防止対策

スペック


眠気検知の装置のスペック
価キットあり(詳細はお問い合わせください)