集中力センシング

学習者の集中力を検知、学力向上に貢献

本製品は、カメラで学習者の顔を認識し、その表情や顔の向き、体の動き等のデータを基にAIによって解析することで、集中力を検知することが可能なソフトウェアライブラリです。
通常のウェラブルデバイスと異なり、カメラのみを使用するため学習者への負担にはなりません。また、既にオンライン授業等でカメラ付きデバイスを使用している場合、新たにデバイスを購入することなく、導入が可能です。
集中力が見えることにより、適切なタイミングの声掛けによる高い集中力の維持、集中ができる学習環境の最適化や、集中力の続く学習コンテンツの作成、集中力の測定データに基づいた個別の最適化を行うことが可能です。

私たちのお役立ち


学習サポート

授業における生徒の集中度を計測、声掛けにより高い集中力を維持

集中力の低下を検知

適切な声掛けを実施

高い集中力を維持

環境の最適化

学生の集中力を測定、学習環境を改善
集中できる学習環境の最適化

コンテンツへの反映

受講者の集中度のデータを基に、コンテンツを作成
集中できる学習コンテンツの作成

個別最適化

データを基に最適化を実施して受講者それぞれに最適な学習環境の提供が可能

個人に最適な学習環境の構築

仕組み


●特徴量を用いて、AIにより集中度を可視化

集中力センシングの仕組み、カメラの情報をAIで処理、結果を出力

特長


●非接触センシング

集中度測定方法の分類

●真値(※)との相関

集中度計測結果と真値との相関グラフ

(※)真値:ある計測方法により定量化

集中力探知結果


実験結果


講義動画視聴時の集中度を測定

実験1 時間による集中力の差異の確認

活動開始直後の集中力を計測

昼食後の昼下がりの集中力を計測

時間帯による集中度の差異のグラフ

眠くなりがちな時間帯では集中度低下

 集中できる環境(時間帯・室内環境等)を特定可能 


実験2 コンテンツによる集中力の差異の確認

プロによる講義での受講者の集中力を計測

素人による講義での受講者の集中力を計測
コンテンツの質による集中度の差異のグラフ

コンテンツの質により集中力に差異あり

 コンテンツの評価・フィードバックに活用可能 

提供物


●集中力センシングライブラリ
 対応OS:Android、iOS、Linux